iPhoneのバッテリーの節約になると思いこんでいた「あの動作」

iPhoneのバッテリーの節約になると思いこんでいた「あの動作」

iPhoneのバッテリーの節約になると思いこんでいた「あの動作」

iPhoneを使う上で、できるだけ節約したいバッテリー。
節約に有効だと言われている「アプリのタスクキル」はみなさん行っていますか?

バックグラウンドに常駐させているより、使い終わったら消してしまった方がバッテリーが節約できる…と思いきや、逆にバッテリーを消費してしまうんだとか!

一体どういうことなのでしょうか…?

タスクキルは不必要で役立たない?

そもそもiPhoneの「タスクキル」とはホームボタンを2回クリックし、マルチタスク画面からアプリを完全終了させること。

ずっとバックグラウンドにアプリがあるとバッテリーを消費してしまうだろうし…とわざわざ毎回タスクキルする方も多いと思いますが、どうやらそれは違うようで…

イギリスのメディアIndependentの編集者でありテクノロジーに精通しているAndrew Griffin氏は、タスクキルについて

【iPhone最大の誤りの1つは誤りに見えない。実際、役に立つように見える
おそらく何百万という人が、毎日役立ちもせず不必要なことをするために時間を無駄にし、バッテリーと指のエネルギーを無駄にしている】

とバッサリ。

実はタスクキルについては以前より「意味がない」と言われていたのですが、Appleに詳しい専門家John Gruber氏が今月19日、再び「タスクキルは必要ない」と忠告。

日常的にタスクキルしているみなさま、今後はやらないほうがバッテリーの持ちが良くなるはずですよ!

iPhoneX修理始めました。