iPhoneを修理する場合にはバックアップはとっておきましょう。

iPhoneを修理する場合にはバックアップはとっておきましょう。

iPhoneを修理する場合にはバックアップはとっておきましょう。

バックアップをする方法は2種類。iTunesを利用するかiCloudを利用するかです。

iTunesを使う場合は、パソコンに空き容量があればiCloudと比べたら、完全にバックアップできるメリットがあります。

Lightningケーブルを使ってパソコンとiPhoneを繋ぎます。

自動的にiTunesが起動します。

同期ボタンを押せばバックアップができます。

次にiCloudを使う方法です。Wi-Fiネットワークに接続してください。

iCloudバックアップを使えばOKです。ここで問題になるのがiCloudの空き容量です。

音楽や写真データが多い場合は空き容量分しかバックアップできません。

データを消さないで修理するならば当店アイフォンクリアパルコ店です。

こちらは、壊れた部分だけ取り替えます。だから保存されているデータが消えることがないのです。

修理する前にバックアップをとる必要がありませんから楽です。

また水没などの場合は、もともとバックアップが撮れません。

保証期間が残っているならば、保証がきかなくなるデメリットがありますので注意しましょう。

iPhoneX修理始めました。