iPhoneのDock(Lightning)コネクタ修理

iPhoneのDock(Lightning)コネクタ修理

iPhoneのDock(Lightning)コネクタ修理

iPhoneの充電ができない場合に考えられるのはDockコネクタかバッテリーのトラブルかもしれません。

ホームボタンが動作しない場合もホームボタンのケーブルが壊れているかもしれません。

iPhoneのDockコネクタが壊れていることもあります。

パーツ交換することで簡単に修理できます。

当店では15分程度で交換出来ます。

突然、充電できなくなったり、電話しているときに自分の声が相手に聞こえなかったり、ホームボタンが機能しないようなケースはDockのトラブルが疑われます。

「このアクセサリはこのiPhone用に設計されていません」とか「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」などのメッセージが表示されます。

iPhoneのボリュームを上げたり下げたりしてみましょう。

音量のゲージが表示されずに、特定の動作で音が出ないならば、修理に出しましょう。

DockコネクタはiPhoneだけではないです。

他のApple社の製品にも使用されます。

Macに接続したりもできます。

iPhone4や4sの場合は、ホームボタンケーブルの大本になっています。

通話するときのマイクが一体になっているのです。動作音を出しているスピーカーと接触します。

まさにiPhoneの要の部品パーツです。iPhone5からはLightningコネクタの新規格になっています。

壊れたときに判断するのが難しい部分でもあります。

iPhone業者に依頼をして修理してもらいましょう。

iPhoneX修理始めました。