iPhoneのマイクトラブルはスピーカーの故障と間違いやすい!

iPhoneのマイクトラブルはスピーカーの故障と間違いやすい!

iPhoneのマイクトラブルはスピーカーの故障と間違いやすい!

マイクトラブルかどうかを見つけるには、iPhoneのデフォルトアプリのボイスメモを使いましょう。

録音ができないならば、部品が故障しています。録音ができるならば、部品ではない基板やソフトウエアのトラブルかもしれません。

ソフトウエアの問題ならば修理は不要です。

パーツのトラブルならばiPhoneを修理しなければなりません。

マイクの故障はとりわけ、わかりにくいと言われます。

スピーカーのトラブルと混同しやすいです。

通話しているときに相手が「ノイズが聞こえているから、声が聞こえない」なんてことがあります。

その場合に、トラブルがあるのが自分のマイクであることもあります。

誰の電話でもノイズが聞こえないならば、相手のイヤースピーカーの故障であるとわかります。

あなたのときだけに出る症状ならば、マイクの故障です。

マイクが誤動作を起こしているのでしょう。だから、いつもビープ音がでているのだと考えられます。

だから、誰に電話をしても、誤動作によるビープ音しか聞こえなくなっているのです。

電話を受けた相手も自分のiPhoneが故障しているのかもしれないと思うわけです。

複数の相手と電話の遣り取りをして故障しているiPhoneがどれかをチェックしましょう。

iPhoneX修理始めました。