iPhoneを修理する場合に、Apple正規修理もあるがデメリットも多い

iPhoneを修理する場合に、Apple正規修理もあるがデメリットも多い

iPhoneのガラス割れ修理を依頼する場合には、

Apple社のiPhone修理サービスを利用する方法もあります。AppleCareの適用ができない場合は、有償修理になります。

実際はパーツを交換したりはしません。iPhone本体を新しいものと交換するのです。

Appleの規約をチェックしてみました。

前面ガラス割れは重度障害と見なされます。

だから在庫がなければすぐに対応ができないこともあります。

正規プロバイダやAppleジーニアスに足を運んでも事前予約していなければ対応してもらえないこともあります。

日本国内で購入していなければ尚更厄介です。

対応もスムーズには進みません。

新しいiPhoneに交換スルのですから、バックアップをしておかなければデータも消えてしまいます。

新しいiPhoneが戻ってきても、それをまた入れ直す作業がまっているのです。

これらはiTunesを経由してします。

ディスプレイに出た通りにすれば簡単ですが、トラブルもあります。

バックアップから復元するときです。

アプリの位置が変わってしまうこともあります。

容量が多ければ結構な時間がかかります。

修理をするだけには、結構な手間がかかります。

そんなときに当店では常に在庫を持っている完全在庫をとっていれば即日修理。

予約も不要ですのでストレスもありません。

iPhoneX修理始めました。